凝らないこらむ ~ 文久堂の整体&カイロ ~ 宇都宮 ・腰痛・肩こり情報
カーリィの4コマ漫画や小話、野菜作り、 腰痛,肩こりなどの情報を脱線しながら掲載。(宇都宮,整体,カイロ)

プロフィール

カーリィ               栃木県宇都宮市 文久堂整体院・院長

Author:カーリィ               栃木県宇都宮市 文久堂整体院・院長
FC2ブログへようこそ!
「 凝らないこらむ 」 最近は、創作漫画や4コマ漫画をアップしています。 腰痛や肩こり情報、小話や趣味の野菜作りなども脱線させながら、掲載しています。左サイドにある、カテゴリー欄から関心のある項目を選んでお読みください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


殿部(梨状筋)の硬縮が原因の「坐骨神経痛」

Sさん
「病院で坐骨神経痛と診断されました。現在は牽引しています。

以前ほど腰の強い痛みはなくなりましたが、ここ3ヶ月くらいは、

あまり効果が出ていないんです。」

と私に報告する。

「坐骨神経痛と言われたのですね?」

坐骨神経痛というのは、症状全体の呼称であり、病名では

ありません。(40肩なども症状の呼称です。)

お尻から足の後ろ側にかけてあらわれる痛みやしびれ、

麻痺などの症状のことを「坐骨神経痛」といいます。

何らかの原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けることで
生じる痛みやしびれなどの症状を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。

”どうして坐骨神経痛の状態になっているのか”が知りたかったな?

坐骨神経が神経ラインのどこかで圧迫を受けたときに、腰や

お尻、脚や足先などに痺れや痛みを発症したことを、一般的に

呼称しているようです。

椎間板ヘルニア、打撲などによる筋収縮や椎骨の変形による

神経根への圧迫、脊柱管狭鎖症や分離症、すべり症、腫瘍など

でも、その症状がでるといわれています。

そこで、施術のパターンを決めるため、整形学的な検査をして

みました。

施術者が自分が行うべき、より安全で的確な施術を

その症状により選択するためです。

Sさんの現在の状態を確認すると、Sさんは常時痛む訳では

ない、何か動作を行った時に痛みがあるとのこと。

アダムスポジションでは前屈時に腰に痛みがあります。

ストレートレッグライズで、神経根への圧迫の検査は陰性、

仙腸部のナクラステストは陰性、椎間板のミルグラムテスト

でも、陰性で異常は見当たりません。

以前あったという左の臀部の痺れもとれています。

腰部から臀部を触診すると、左の殿筋類が収縮しています。

特に小殿筋の下側にある梨状筋が硬縮していました。(ここかな?)

梨状筋が強く収縮すると、腰椎4、5番付近に圧迫を加えます。

腰痛の原因は?


殿部の深い位置にある梨状筋は、硬化すると、近くにある坐骨神経を

圧迫しやすく腰痛や脚の痺れなどの原因になりやすいのです。

背中の脊柱起立筋も、左側のほうが硬く収縮しています。

この状態も腰痛の原因になります。

梨状筋付近を手技牽引で緩和していくと、その過程でも楽に

なっていくようです。

殿筋から脊柱起立筋を次いでリリースしていくと、

「すみませんが、Sさん、前屈してみてください。痛みはでますか?」

「あれっ~、痛みがなくなっています。大丈夫です。」

「よかった~ですね!」、

今回は腰部のストレッチも行なって、無事終了です。

「次回は、様子をみて椎骨間を広げる腰部の矯正を予定しますね。」

常に結果を求められるプレッシャーの中で、やっとこの瞬間に、

自分の役割を果たせたという安堵感を感じました。

{疲れた~、けれどよかった♪、)

こんなときは、いつも飲んでいるインスタントのコーヒーでも美味しく思えます♪

コーヒータイム





「凝らないこらむ」のバックNoの記事は、こちらです。
ホームページ: 凝らないこらむ・バックNO

Yahoo!ブックマークに登録

[ 整体 カイロ 腰痛 首 肩こり 野菜作り情報 : 宇都宮市 文久堂整体院 ]

よかったと思えたら”ポッチン”をお願いします。

栃木県 ブログランキングへ

首・肩・背中・腰の病気 ブログランキングへ

FCブログ 心と体へ
[ 整体 カイロ 腰痛 首 肩こり 野菜作り情報 : 宇都宮 文久堂整体院 ]

★文久堂整体院への施術のご依頼は、お気軽にご連絡ください。
ホームページ: 文久堂整体院




スポンサーサイト

腰の痛み~温めるのか?冷やすのか?

腰などに痛みがある場合に、冷やしたほうが良いのか?温めたほうが良いのか?

判断するに迷うことはありませんか。

大ざっぱに言うと、坐骨神経痛のような慢性腰痛は、温める。

ぎっくり腰や打撲のような急性腰痛は、冷やす処置がされます。

休息時や動き始めに起きる痛みは、一般的に炎症性の関節炎を示唆しますが、

運動すると痛みが強くなり,休息すると軽減する痛みは、炎症の伴わない変形性関節症などの

(機械的疾患~神経圧迫性)の痛みの可能性もあります。

腰の痛み



病院で行われている炎症検査

●関節超音波(関節エコー)検査を行う。~軟骨の表面の損傷や滑液が溜まっていることや、関節内に血液が発生していることで、炎症の有無を調べる上での判断材料になります。

●血液を採取して炎症反応を検査する。~血球計算機という測定機械を使い、白血球とCRPという物質の数値をみて判断することも行われています。

CRP(C反応タンパク)とは:炎症や組織細胞の破壊が起こると血清中に増加するタンパク質のことです。

関節の痛みには炎症のない痛みと炎症が伴っている痛みがありますが、炎症がある痛みにも複数の原因が想定されるということです。

例えば、膝の炎症が疑われる症例では、変形性膝関節症を含む以下の5つの症状のいずれかに分類される。

• 変形性関節炎のグループ:変形性膝関節症を含み、膝蓋軟骨軟化症、単純性膝関節炎、ベーカー嚢腫

• 外傷性関節炎のグループ:骨折や捻挫などによる半月板損傷、靭帯断裂や離断性骨軟骨炎

• リウマチなどの関節炎のグループ:関節リウマチ、間歇性膝関節水腫症(回帰性リウマチ、偶発性関節
リウマチなど)

• 病原菌性関節炎のグループ:結核や梅毒、化膿菌などによる炎症

• 代謝性関節炎のグループ:痛風、偽痛風(関節軟骨石灰化症)

などの例もあるようです。~資料~ウィキペディアより~


しかし、一般的に膝や腰などのトラブルが起きているときに、病院で行われている

ような超音波測定器(エコー)や血球計算機で調べる余裕はありません。

現場がグラウンドであったり、いなかのゴルフ場や職場かもしれません。

日曜などで医療機関が休日の場合もあるでしょう。

自己防衛として、最低限度の判断基準を設けておいた方がいいでしょうね。

まず、1、外見で腫れているか?

   2、患部を触ってみて、熱を帯びているか?

   3、横になり、安静にしていても痛むか?

この場合は、炎症を伴う関節の痛みですから、動かさず安静、患部を冷やすことに専念しましょう。

ぎっくり腰や首の寝違い、激しい運動の後などは冷却します。

お風呂やサウナ、ホッカイロなどで温めないでください。

患部を温めてしまうと、炎症が酷くなり、痛みが強くなる可能性があります。


「凝らないこらむ」のバックNoの記事は、こちらです。
ホームページ: 凝らないこらむ・バックNO

Yahoo!ブックマークに登録

[ 整体 カイロ 腰痛 首 肩こり 野菜作り情報 : 宇都宮市 文久堂整体院 ]

よかったと思えたら”ポッチン”をお願いします。

栃木県 ブログランキングへ

首・肩・背中・腰の病気 ブログランキングへ

FCブログ 心と体へ
[ 整体 カイロ 腰痛 首 肩こり 野菜作り情報 : 宇都宮 文久堂整体院 ]

★文久堂整体院への施術のご依頼は、お気軽にご連絡ください。
ホームページ: 文久堂整体院




蓄積され続けたデスクワークの負荷~突然の腰痛に

長時間の座り姿勢 ~ 少しずつ、蓄積された負荷が腰痛を引き起こしやすい。

腰痛は蓄積される?

最近重い荷物はもたないし、何もしていないし、たいしたことはしていない筈。

デスクワークをされている方に多いトラブルの中で、肩こりや頭痛の次に多いのが

腰痛のトラブルです。

座り仕事が続いている方に多い腰痛の特徴は、自分では気が付かないうちに、

腰に負担をかけていたというケースです。

でも、この{何もしていないし、たいしたことはしていない筈}というフレーズに、

問題があったのです。

毎日、長い時間を座っていることが、腰部に少しずつ負担をかけ続けていました。

長時間、車を運転する人に腰痛持ちが多いように、長時間座ったままの姿勢も腰痛に

なりやすいと言えます。

パソコン作業などで、同じ姿勢で長時間デスクワークされることが腰痛になりやすいのです。

立ち仕事の時は、人は足腰の筋肉が体幹を支えているという自覚はあると思います。

「Aさん、ずっと立ちっぱなしじゃない! 私が変わますから、Aさんは、

そこにある椅子に座っていてください。」

職場などで、よく、こんな会話がされると思いますが、、、

はたして、Aさんのお体は休まるのでしょうか?



座り姿勢も筋肉は頑張っています




仕事場では、難しいかもしれませんが、このケースの場合に充分に

筋肉を休ませるためには、体を「横にする」必要があります。

座っている際は、立っているときのように脚や腰の筋肉を使っているという意識は

少ないでしょう。

しかし、座っている場合でも背中や腰に上半身の体重の負荷が掛かり続けています。

立っている時より、大きな筋力は必要としませんが、座っていても筋肉は使っています。

体操などの動きを入れずに、継続的に筋肉を使っていると、自分では自覚のないうちに、

筋肉疲労が蓄積され、やがて「腰痛」として症状が現われてきます。

これは座り仕事だけではなく、長時間の立ち仕事でも同じですが、座った場合の負荷は

少しずつ「痛み」を感じるため、本人には気が付きにくいということでしょう。

そのため、「何も重いものを持っていない」のに、「特別動いた訳でもない」のに

ある日、突然に、強い腰痛が出てしまうことがあるようです。



「凝らないこらむ」のバックNoの記事は、こちらです。
ホームページ: 凝らないこらむ・バックNO

Yahoo!ブックマークに登録

[ 整体 カイロ 腰痛 首 肩こり 野菜作り情報 : 宇都宮市 文久堂整体院 ]

よかったと思えたら”ポッチン”をお願いします。

栃木県 ブログランキングへ


FCブログ 心と体へ
[ 整体 カイロ 腰痛 首 肩こり 野菜作り情報 : 宇都宮 文久堂整体院 ]

★文久堂整体院への施術のご依頼は、お気軽にご連絡ください。
ホームページ: 文久堂整体院





歳をとると体が硬くなるのは、、、Oさんの悩み

普段、肩に痛みはないのだけど、腕を挙げたり、腰を回したりする際に

動きが悪い。お風呂に入り、寝ても翌日に疲れがとりにくい。

そんな症状の方が多いのではないでしょうか。


肩周辺の運動



いわゆる“隠れ肩こりの症状”なのですが、それと共に全身の筋肉が

硬化していて筋肉や関節の動きが悪くなっています。

50代後半のOさん、若い頃からいろいろなスポーツをやってきたせいか、

中年になっても、しっかりとした筋肉がついています。

しかし、そのしっかりした筋肉が硬化してきて、腰痛となって

Oさんを悩ましています。

そのOさんから宿題を頂いています。

“歳をとると、どうして体が硬くなるのかね?”

そういえば、カーリィも明確な答えを持っていません。

“歳をとれば、体が硬くなるのは当たり前です。”では、答えになっていませんよね♪

老化して、体が硬くなるということはどういう状態なのでしょうか?

Oさんの宿題というより、カーリィも興味があったので調べてみました。

簡単に説明しますと、

筋肉は筋線維という細い細胞の束で成り立っています。

この筋繊維をエラスチンなど弾性のある結合組織が埋めています。

このゴムのように弾力のある結合組織が変質し、弾力性を失うと体が硬くなります。

エラスチンなどの結合組織が老化で変質して弾力性を失うというです。

また、血糖値が高いとエラスチンなど弾性のある結合組織が変質する確率が高くなるようです。

ここでOさんの腰痛に話を戻します。

Oさんの場合は、痛めているのは腰ですが、腰痛の根本原因は、他の部位にあります。

太腿の前後にある大腿四頭筋やハムストリングス、お尻の殿筋類が硬く、

柔軟性に欠いています。

そのため上半身を前屈させる際、腰部(骨盤)に大きな加重がかかっていました。

大腿四頭筋やハムストリングス、お尻の殿筋類、これらの部位をリリースしていくと、

Oさんの腰痛は消えていきました。

老化で筋肉の柔軟性を失い、デスクワークで同じ姿勢が続き、運動をやめていた結果、

腰痛として現れてきてしまったようです。



補足ですが、この筋繊維の隙間を埋める“エラスチン”

弾力性を取り戻すに、ちょっとした努力をすれば、いいのです!


★ゆっくりと走るジョギング。

★軽い筋トレ。

★ストレッチ

注) 強い負荷をかけた筋トレや激しいスポーツは逆効果!

長年使い込んだ大事な体です。

しっかりした、メンテナンスが必要なようです。

血糖値の検査も定期的に行いましょう。


猫のストレッチ


「凝らないこらむ」のバックNoの記事は、こちらです。
ホームページ: 凝らないこらむ・バックNO

Yahoo!ブックマークに登録

[ 整体 カイロ 腰痛 首 肩こり 野菜作り情報 : 宇都宮市 文久堂整体院 ]

よかったと思えたら”ポッチン”をお願いします。


FCブログ 心と体へ

栃木県 ブログランキングへ
[ 整体 カイロ 腰痛 首 肩こり 野菜作り情報 : 宇都宮 文久堂整体院 ]

★文久堂整体院への施術のご依頼は、お気軽にご連絡ください。
ホームページ: 文久堂整体院



腰痛~現場の実態

一口に腰痛といっても、その原因は多種にわたり考えられます。

正確にその正体をつかむことは、簡単なことではありません。

ここに、ある医療機関に腰の痛みで訪れた方の内訳があります。

資料が日本整形外科学会プロジェクト委員会:2003年と古いのですが、

腰痛の実態を想像するに、ご参考になるのではないでしょうか?

              人数      割合
異常なし           89     6.9%
腰痛症           257    20.0%
腰椎分離・すべり症      42     3.3%
坐骨神経痛         154    12.0%
腰部脊柱管狭窄症       29     2.3%
骨粗しょう症         34     2.7%
変形性脊椎症         51     4.0%
腰骨の骨折          21     1.6%
腰の捻挫・打撲        71     5.5%
腰部ヘルニア         76     5.9%
その他           145    11.3%
原因不明          307    23.9%

この資料統計でみると、原因不明のケースは23.9%と読み取れます。

しかし、この項目で異常なしとされた方々が6.9%も居られます。

つまり、腰痛を感じて医療機関を訪れ、レントゲンやMRIなどの検査などで

異常が見つからないので、異常なしとされた人達が6.9%存在していると

いうことでしょう。

さらに腰痛症という項目。

この腰痛症という名目なんですが、具体的な原因がはっきりしない場合

一般に“腰痛症”として称しているようです。(これも原因が不明)

20%の割合であります。

もう一つ、坐骨神経痛ですが、(これは症状名)何かが要因で坐骨神経が

圧迫を受けて臀部や脚などに痺れや痛みが発症している事なのですが、

圧迫の原因はそれぞれ多肢に渡り存在します。

原因がはっきりしない場合、坐骨神経痛という“症状名”でくくっているようです。

これが、12%を占めています。

ということは、医療機関などで、原因がわからない腰痛の割合が

“62.8%”もあるということになってしまいます。

「痛みという」目に見えない症状をレントゲンやMRIに頼る診断ではなく、

患者さんの触診、動的検査や観察にもう少し時間をかけられないのだろうか?

いなかの一治療家の素朴な疑問です。

腰痛現場での、参考になりそうな記事をまとめてみました。


腰痛関連: 凝らないこらむ記事


SLR検査



「凝らないこらむ」のバックNoの記事は、こちらです。
ホームページ: 凝らないこらむ・バックNO

Yahoo!ブックマークに登録

[ 整体 カイロ 腰痛 首 肩こり 野菜作り情報 : 宇都宮市 文久堂整体院 ]

よかったと思えたら”ポッチン”をお願いします。


FCブログ 心と体へ

栃木県 ブログランキングへ

[ 整体 カイロ 腰痛 首 肩こり 野菜作り情報 : 宇都宮 文久堂整体院 ]

★文久堂整体院への施術のご依頼は、お気軽にご連絡ください。
ホームページ: 文久堂整体院





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。