凝らないこらむ ~ 文久堂の整体&カイロ ~ 宇都宮 ・腰痛・肩こり情報
カーリィの4コマ漫画や小話、野菜作り、 腰痛,肩こりなどの情報を脱線しながら掲載。(宇都宮,整体,カイロ)

プロフィール

カーリィ               栃木県宇都宮市 文久堂整体院・院長

Author:カーリィ               栃木県宇都宮市 文久堂整体院・院長
FC2ブログへようこそ!
「 凝らないこらむ 」 最近は、創作漫画や4コマ漫画をアップしています。 腰痛や肩こり情報、小話や趣味の野菜作りなども脱線させながら、掲載しています。左サイドにある、カテゴリー欄から関心のある項目を選んでお読みください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ストレスとスローライフ

人の大脳はストレスを感じると身体を守ろうとして、副腎からノルアドレナリンやアドレナリンなどのストレスホルモンを分泌します。

身体がストレスを感じると血圧の上昇、発汗や動悸などが起きるのは、これらのストレスホルモンの働きによって発生します。

 人の身体はストレスに対してホルモンを出し、戦おうと行動を起こします。

この時、立ち向かう相手が強力で、ノンアドレナリンやアドレナリンなどのホルモンでは、ストレスを打ち負かせない状況になった際に、今度は抵抗するな(相手を刺激するな!)という懐柔策に作戦を切り替えてしまいます。

 頭部にある視床下部という場所から、ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)を分泌して、副腎からコルチゾールと呼ばれる副腎皮質ホルモンを分泌するように誘導します。

コルチゾールは、ストレスやウィルスに対して過剰な反応はやめるように指示をだす抑制ホルモンです。

多量に体内に放出されると免疫力の低下を引き起こし、身体は無防備になってしまいます。

 つまり、風邪やインフルエンザなどのウィルスに対しても抵抗力が弱まった状態になってしまう訳です。

ストレスが病気を引き起こす原因となるのは、このような理由からです。

 ステロイドなどの合成された副腎皮質ホルモンがアトピー性皮膚炎などによく使用されていますので、名前は馴染み深いですよね。

でも、多量に使用すると反応を抑えると同時に、身体も無防備になっていくことをよく理解しておく必要もあるようです。

ストレス社会の中で、いかに自分の身体を守っていくか、難しい課題ですが考えてみる価値はありそうです。




“人は人と関わり合う中でストレスを感じるのに、一人では生きられない矛盾した生物?”

どういう時にストレスを感じるかは、人によって異なります。

みんなに共通した解消法は難しいでしょう。

解決策に繋がるかはわかりませんが、、、。

最近、興味深い話を聞いたので参考に概要を載せてみます。

スローライフの考え方

スピードや効率を重視した社会とは異なり、ゆっくりと、マイペースで人生を楽しむライフスタイルです。

経済競争は、24時間中場所や時間も問わないものとなっています。

正規の雇用の減少に賃金の格差も加わり、効率化に拍車をかけています。

日本では、「勝ち組」「負け組」といった言葉で表される二極化が見られています。

経済活動の中で能力の高い人が、高給をもらう「勝ち組」と呼ばれ、利益性の少ない業界や人が「負け組」と呼ばれます。

これは、経済的視点で観た場合の勝ち負けであり、「勝ち組」と呼ばれる人は、労働時間の長い過酷な労働をこなしている場合もあり、人生の勝者を意味する事ではありません。

スローライフは、そのような大量生産・効率化といった考え方とは異なり、余裕を持ってゆっくり生活しましょう、という生活スタイルを示します。

都会を離れ、地方で農業を営んで生活するというライフスタイルがこれにあたります。

地方の山村では過疎化に悩んでおり、都会から移ってくる人を歓迎する傾向があるようです。

林業を営む山村では、若年の夫婦の移住者を優遇するところもあります。

将来は農村への移住も含めていろんな形のライフスタイルが生まれてくるでしょう。

スローライフは、価値観を変えた今後のライフスタイルの選択肢です。












スポンサーサイト


トラックバック

トラックバック URL
http://koranukoramu.blog.fc2.com/tb.php/4-968f5280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。